クグロフのモロゾフ

[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

20131228モロゾフのミニクグロフ

私の中でモロゾフと言えば、クグロフ。どっちが店名か既によくわかりません。

モロゾフ 赤羽エキュート店
http://www.morozoff.co.jp/index.html

モロゾフは洋菓子一般をいろいろと取り扱っていて、新大阪に住んでいたときにはプリンでお世話になりました。あまりにメジャーなラインなのでケーキやチョコレートはほとんど手をださず・・・頂いたときに食べる程度言う印象でしたが、赤羽店でミニクグロフに出会い、モロゾフの認識が大きく変わりました。ミニクグロフうまーです。

フレンチトースト味を始めとしたミニサイズのクグロフなのですが、サイズが小さいので全体に対して表面積の割合が大きく、これが非常にいい味をだしています。外面部分のしっとりとして、それでいて歯ごたえ・味が強い部分が大部分を占めるので、例えるならケンタッキーフライドチキンの皮がたっぷりみたいな贅沢な仕上がりです。
1個あたり、50円程度とちょっとした帰り道につまめるのもポイントです。賞味期限は短いですが、赤羽にお立ち寄りの際はぜひ1個だけでも食べてみてください。

20131228モロゾフのクグロフ

あ、小さめですが、割と普通のサイズのクグロフも食べています。この時は「ショコラ」「抹茶」「ストロベリー」の三種。こちらもなかなかに美味しいです。皮が普通についているフライドチキンですね(笑)
つい、ケーキやプリンをお土産にしがちなモロゾフですが、クグロフも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。


 


カテゴリ: 甘味, 食べ物記録 | 関連タグ: , , , | パーマリンク |

コメントを残す