【コラム】コマやカードも手作りしたい!ハンドメイドなコンポーネント 備忘録その1

[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

ilove3D
同人ゲームを買う時の一つの選択基準として「コンポーネント買い」というのがあると思います。(…ありますよね?)
生産数の少ない同人ボードゲームの利点(?)を最大限に活かし、手作りで素晴らしいコンポーネントを作っている方々には本当に頭が上がりません。ゲームについてあれこれ考えているうちはコンポーネントも豪華に!可愛く!などと考えますが、実際に製作計画を練る頃には予算や時間・そして技術的な問題から断念することが多いです。

というわけで、今回の記事ではハンドメイドで製作されたコンポーネント類を勝手にピックアップしてレポートします。主観を多く含む内容になりますので、苦手な方はご注意ください。


紙ねんど+成型

仔ぶた急便_その1 実家でゲームを整理していた際に出てきた一品。ゲームはプレイしたことがないので、内容についてはTable Games in the Worldのレビューにてご確認下さい。今回のお目当ては可愛いこぶた型&ひづめ型のコマ。触った感じでは紙粘土っぽいのですが、着色ムラが全然ないのでカラー紙粘土を使っているのかもしれません。
仔ぶた急便_その2こぶただけなら木製コマがありますが、どちらも紙粘土で揃えると統一感が出て更に可愛らしいですね。製作手間は段違いになると思いますが…。



厚紙+カール加工?

キノコハンターズ_その1 毎回素敵なコンポーネントのゲームを製作するたなごころさん。個人的には巻物が素晴らしい「いろは」がヘビロテなのですが、今回は二人用ゲームのキノコハンターズについて書かせていただきます。
カードには紙管のような厚手の素材が使われており、しかも積み上げやすいようにカードにクセを付けてあります(取札を山状に積み上げるための措置だと思います)。
キノコハンターズ_その2また昨年の創作ゲームのアートワーク展ではレーザーカッターで製作したキノコハンターズ クリアを持ち込まれていたそうで、実物を確認できなかったことが悔やまれます。。。たなごころさんはゲームマーケット以外にもハンドメイド系のイベントに参加されていることもあり、製作面では群を抜いていると個人的には感じています。


軽い紙ねんど+型抜き/絞り出し

王さまのマカロン_その1 甘味党としてこれをスルーすることができるか、いやできない。
飾っておくだけでも可愛いマカロンコマがわらわら入っています。しかも巾着袋やランチョンマットや箱までお手製(写真は増版分なのでランチョンマットの印刷が簡素版です)。脱帽です。手先な不器用な私にはとても真似できません。メインのマカロンは紙粘土で作られているようで、なんと少し前に作者さんのブログで製作方法が公開されています。私が語るよりもそちらを確認いただいた方が正確だと思いますので是非リンク先で確認してください(生地編クリーム編)。
王さまのマカロン_その2こういったノウハウの開示は大変ありがたいですね。ゲームデザイン部分だけでなく、製作面の経験知共有もどんどん進めていきたいものです。


樹脂+成型

昨年のGM秋で発表され、瞬殺されてしまって未入手の作品ですので写真はリンク先で確認してください。GM前にTwitter等で写真がたくさん出ていましたので、ご存じの方は多いと思います。
ペンギン型のスタートプレイヤーマーカーと、ペンギンデザインのコマが非常に愛らしいですね。
樹脂をゴム型に流し込んで成型した後に染色しているそうです。文字にすると簡単ですが、ハンドメイドでこれをやるのはかなりの労力とコストが必要です。完全にプロの仕事です。作業動画を是非拝見したいものです・・・・。
なお作業中の様子は、アートワーク担当の井上さんのブログで公開されています。
量産できないのも納得のこだわりコンポーネントですので、再販の暁には今度こそゲットしたいものです。


チョロQ改造

トゥールハンマー!_その1 手作り枠に入れていいのか少し迷いましたが、コンポーネント買いだったので良しとします(笑)。スペースオペラ小説の銀河英雄伝説に登場するイゼルローン要塞をテーマにしたゲームです。カードも手作りなのですが、特筆すべきは要塞主砲「トゥールハンマー」に相当するコンポーネントがチョロQをベースに作成されていること。
トゥールハンマー!_その2原作小説あるいはOVAをご存じの方にはおなじみの「アレ」をアナログゲームで再現しています。テーブル上に展開されたコマ(自軍艦隊・敵軍艦隊)を見境なく吹き飛ばすことができるのはチョロQならでは。なお射程の紙はネジ止めされていますので、時々締め直しが必要かもしれません。ちなみにチョロQが思った進路に進まないのはイゼルローン回廊の磁場の影響なのです(笑)



以下はゲームではありませんが、誰もが一度は考えたことがある&実現にはなかなか至っていない取り組みだと思いますので、自分の備忘録として掲載させていただきます。


3Dプリンタの活用

ちょっと前からやたらと騒がれている3Dプリンタ。最近では使える素材が増えたり、10万円を切るものが登場したり、DMMも参入したりで何かと話題に尽きません。社会人としては学生(大学等の設備を使える)を羨ましがりながら、ファブラボなどに通うなどすれば良いのですが、まずモデリングのモの字も知らない人間が突然飛び込むにはなかなか勇気が必要です。
ということで、Open Design Gamesのfullkawaさんが実際に出力してみたレポートがこちらです。勉強になります。


消しゴム&レジン樹脂で型作成

100円ショップでデコ素材を見た時から「コレダ!」と思っていたのですが、量産を考えると思考停止してしまう類の作成方法です。原型から型取りから成型までALL手作りです。10個くらいまでは楽しそうですが、その先には地獄しか見えません…。
ショーナンロケッティアズさんの次回の作品では実際にこのコマがコンポーネントとして入るようなので(誤情報でしたらすみません)、実物も要チェックですね。


おまけ(ハンドメイドの備忘録リンク)



備忘録その1となっていますが、その2は未定です。可愛いコンポーネントを見つけたら突発的に書くかもしれません。書きたいゲームはまだまだあるのですが、手元にないと写真の調達が難しいのが難点ですね。


  


カテゴリ: ゲームコラム, コンポーネント/ツール, 外部リンク | 関連タグ: , , , , , | パーマリンク |

コメントを残す