【Kick Starter】 The Majority – Complete Edition

[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

プロモタイトル_抜き取り01s
突然ですが、前々から企画を進めていた「The Majority」「The Majority2」のKickStarterを開始しました。もちろん英語版です。

【Kick Starter】 The Majority – Complete Edition
(現地時間:2014年9月12日~10月22日予定)

こちら、操られ人形館はゲームの提供という立ち位置になりまして、「Ninja Star Games」様のプロジェクトとなります。




1.今回の内容

今回のプロジェクト内容は「The Majority Complete Edition」です。

コンプリートエディションというと凄い響きですが、わかりやすくいうと「The Majority」「The Majority2」英語版のセットということになります。

THE Majority 01S
こちらは2008年に発表させて頂き、ありがたいことに今でもお手に取ってくださる方がいる操られ人形館のゲーム「The Majoriy」

本プロジェクトが成功した場合、イラストデザインをお願いしている新井氏によってリニューアルデザインで放たれることになります。
もちろん、同人版とは異なり角丸(私の方で発表したマジョリティシリーズは角丸ではないのです・・・)で、カードの質なども上昇することになるでしょう。

ゲームの概要としては、2対2のペア戦ドラフトゲームになります。
ゲーム中はテーブルの反対側に座っているプレイヤーとペアとなり、議員カードを集めることで合計でいくら儲けたかを相手ペアと競います。各色の議員カードを集めて数値合計が高いプレイヤーにお金が入っていきますが最も数値合計が大きいプレイヤーよりも二番目に多いプレイヤーに多額のお金が集まります。
相手ペアをうまくけん制し、パートナーと息を合わせることが大切なゲームです。
(3人プレイでも遊べます。その場合は個人戦となります。)
詳しくはリンク先をご覧ください。

THE Majority 02S
こちらは2011年発表の「The Majority2」

これこそ英語版の意味があるテキスト系のゲームになります。
こちらもリニューアルデザインが入る予定です。

魔女・悪魔・火竜など、様々な政党の議員カードを使って派閥を作っていくTCGのような2人用のカードゲームです。
自分の手番で残したカードが相手の手札に渡ってしまう変則ドラフトの中で様々な特殊効果が飛び交います。
特殊効果で様々なコンボを考えたり、相手の意図を見抜いてうまくカードをカットしたりなど、やりこみがいのあるゲームになっています。
こちらも詳しくはリンク先をご覧ください。

これら2作品を同梱した完全保存版マジョリティが今回のプロジェクトとなります。
2つをゲームを合わせることで2~4人までのプレイ人数すべてに対応しているのも特徴といえるでしょう。


2.Ninja Star Gamesって?

Still0907_00000
さて、今回のプロジェクトを執り行っていただく、「Ninja Star Games」
ちょっと聞きなれない名前だと思います。
実はまったく新規のプロジェクトチームとして在米日本人の方が立ち上げたものであり、「PUBLISHING HIDDEN GEMS」を目的としています。

大文字だらけの英語でごまかさずに日本でいうと、日本の同人市場にある隠された宝石たるゲームを発掘、国際的に販売することを目的としているのです。

プロモタイトル_抜き取り02s
日本のゲームもカナイセイジさんのラブレターをはじめ、世界で注目されるようになりました。
しかし、そこに至るまでには多くの壁があるでしょう。

英訳・ドイツ語訳・フランス語訳を用意し、エッセンに出向けば、海外への扉は開かれるかもしれません。ヤポンブランド含め多くの仲間たちもいます。
しかし、実際には「コストの壁」「時間の壁」「言語の壁」「知名度の壁」などがあります。
壁の中で埋もれる宝石のように面白いゲームもまだまだ存在することは想像に難くありません。

そこに目を付けたのが「Ninja Star Games」。
ここでは日本人である主催者の小林氏が主導となって海外へむけて日本で埋もれた宝石を提示していくものになります。この記事を読んでくださっている方のゲームが世界に羽ばたくことも十分に考えられます。


今回のマジョリティのプロジェクトはその最初の一歩にすぎません。
寧ろ、このプロジェクトの成功したときの本当の意味は「Ninja Star Games」が一歩目を踏み出すことができたという事実です。
今後、数々のプロジェクトが「Ninja Star Games」から放たれることになるかもしれません。

クラウンドファンディングをもって作品を出していくことは容易ではないでしょう。
(実際、今回のケースも何度も話し合いのタイミングを持ち、幾多の提案と廃案を積み重ねて今日に至っています。ゲームは遥か前に完成しているのに・・・です。)
しかし、そこには多くの人にとっての大きな可能性があると信じてやみません。

今後の日本ゲームの海外進出の新しい道筋を作るためにも、(そしてもちろんマジョリティシリーズのためにも!)ご支援・ご協力を頂ければ幸いです。


3.日本でキックする意味は?

PROJECT OVERVIEW 02S
とはいうものの、まさにこれ。
完成するゲームはカードの質が良くなるとはいえ英語版です。

日本でキックするには気が引けますし、リワード(報酬)についても送料もややかかります。個人レベルに落とし込めばあまりメリットを感じないところかもしれません。
(正直、私が逆の立場なら少し気が引けます。)

そこで最後にその点を宣伝させてください(笑)

e7eb0cf3a15687f48ddb5900d45a867122_large

【各ストレッチゴール】

今回のストレッチゴールには同人版にはないものを用意しています。
これは多少なりとも意味があるところだと確信しています。

例えば、最初のストレッチゴールではマジョリティ2に追加して遊べる新しい議員カード「幽霊議員」が2枚付きます。
さらに先に進んでいくと交換して遊べる議員カードやイラスト付きの点数カードが入っていく形です。
かつての500円ゲーム「Pregame of Majority2」もミニゲームとして追加されたりなど、盛りだくさんで用意しております。

さらにさらに進めば、日本語版ルールも付きます。ちょっと遠いですけど。。。


【ストレッチゴールがなくても】

日本語版マニュアルの公開をしようと思っています。
まだ店頭在庫はあるかもしれませんが、前回のゲームマーケットで生産を終了した2作になりますので、プロジェクト成功の際には、ホームページなどでマニュアルを提供させて頂ければと考えている次第です。

またテキスト系の「Majority2」について和訳シールなどの作成も考慮しております。
(日本語を英訳にしてそれに和訳シールを張るという不思議な事態にはなりますが)
このあたりを心配されている方がもしいらっしゃいましたら、ご安心ください。



40日間のプロジェクト。
今後も更新を重ねていく予定だと聞いております。
何か気になる点がありましたら、お気軽にお尋ねください。

それでは

【Kick Starter】 The Majority – Complete Edition

よろしくお願い致します。


カテゴリ: ボードゲーム, 同人活動 | 関連タグ: , , | パーマリンク |

コメントを残す