ロストレガシーレジェンドに参加しています!

[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

siro

ゲームマーケット情報ですが、操られ人形館としてではありません。

今回のゲームマーケットではワンドロー様より、『ロストレガシー』の集大成となるシリーズ最終(ひと段落?)の『ロストレガシー レジェンド』が発売されます。
このレジェント、8名のデザイナーがそれぞれオリジナルのロストレガシーをデザインし、それを1つにパッケージした1日遊び倒せるロストレガシーとなっています。8つ入りでとてもボリューミーです!
それぞれのデザイナーが持ち寄った独自のロストレガシーの変則性を楽しむことができ、また何はともあれ8つも入っておりますので、いくつかは自分好みのルールに会えることも間違いなしです!





そんな中、私も1つルールを作らせていただきました。ワンドロートークなどでは少しお話させていただいておりますが、タイトルは『暗黒議会』です。
2008年に頒布を開始したゲーム『The Majority』シリーズの世界観を踏襲し、非常に操られ人形館らしい変則ルールとシニカルな世界観のロストレガシーとなりました。

そもそも、遺産・・・そう呼ばれるような「価値ある残されたもの」とは何をもってその価値を定義されるのでしょうか。希少性でしょうか?機能性でしょうか?いろんな考え方があるでしょう。
この『暗黒議会』ではこう綴ってみます。「価値を定義できる有力者や多数の者がそれを価値あるものと認めている」という事実を持って価値は価値たるのでしょう・・・と。
魔女や悪魔たちが私利私欲を求め、あらゆる手を尽くすこの議会。彼らは、遺産たる価値を権力と暗躍によって、定義しようとします。魔女は魔女たちが持つ遺産らしきものを、悪魔は悪魔たちが持つ遺産らしきものを・・・捏造によって遺産たらしめようとしているのです!

プレイヤーが遺産候補の中から、ゲーム中にうつろう彼らの知略を読み取り、最も価値ある?後付の遺産・・・ロストレガシーを探していきます。ゲーム終了時まで勝利条件となる遺産が決まっていない・・・そんな不思議なプレイ感のロストレガシーに仕上がりました。
ぜひともお手に取って頂ければ幸いです。

また、『ロストレガシー レジェンド』の発売を記念して10月11日にロストレガシー祭2014が開催されます。ロストレガシーの大会や今回のデザイナーたちによる座談会、レジェントの体験プレイなど盛りだくさんのイベントとなっておりますので、ぜひともこちらにもふるってご参加ください。

ということで、ロストレガシーに関する告知でした~。


【宣伝】
マジョリティーシリーズ英語版のキックスターターが開始されております。
よろしければご支援のほど、よろしくお願いいたします。

プロモタイトル_抜き取り01s


カテゴリ: GM2014, ボードゲーム | 関連タグ: , , | パーマリンク |

コメントを残す