【リンク集】事前予約に使えそうなWebサービス

[`tweetmeme` not found]
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Pocket

事前予約

ゲームマーケットまであと一か月ちょっと。そろそろ事前予約が始まっているサークルもちらほら見かけるようになりました。
少し前はSNS上のメッセージやブログのコメント欄、BBSへの書き込みなどでの予約が多かったと記憶していますが、最近ではなりすまし対策や大量の予約に対応するためなどの理由からWebサービスを利用した予約方法を取るサークルも多くなってきたように思います。

自分のメモも兼ねて、確認できた範囲で各サービスを比較してみます。


まずはざっくりとした機能比較です。
(詳細な機能については公式サイトや解説サイトなどで確認してください)

項目
申込者
前金徴収
一括連絡
Twipla公開不可可能(DM)
Doorkeeper一部公開可能(要利用料)可能
ATND公開不可可能(メアド登録者のみ)
Peatix一部公開可能(要利用料)可能
レンタルフォーム非公開不可不可
ブログ(コメント欄)基本公開不可不可
SNS(メッセージ機能)非公開不可不可


1.イベント管理サービスの利用

最近流行っている気がするのは、単に目につく方が使っているだけなのかもしれませんね。
元々はイベントの出欠管理に利用するサービスですが、メッセージの一括送信機能があったり利用者側でのキャンセルが容易であったりでなかなか使い勝手は良さそうです。(サービスによっては事前に集金することも可能です)

後述のものとの最大の理由は、申込者リストが公開されるものが多いことでしょうか。公開されることの是非は色々あると思いますので割愛します。



2.レンタルサービスの利用

メールフォームやブログ・BBSなど、有料/無料を問わず利用できるWebサービスは山ほど存在します。
イベント管理サービスと違って自分で初期設定(またはカスタマイズ)が必要ですが、かなり柔軟な対応が可能です。ブログやBBSでも書き込みの閲覧を管理者のみに設定すればなりすまし防止にも役立ちますし、サービスによっては自動返信メールも利用可能です。



3.SNSの利用

なんだかんだ言っても、Twitter、Facebook、mixiなどを利用した予約受付も選択肢に入ってくるでしょう。
秘匿性重視であれば個別メッセージ(ダイレクトメッセージ)のやり取りを活用するのがベターですが、公開記事へのコメントやリプライで予約ができた方がお手軽であるという意見もあるでしょう。ただお手軽であるが故に当日の無連絡キャンセルやなりすましのリスクが大きいことは、考慮にいれなければなりません。


4.電子メールの利用

基本に戻って人力対応。Webサービスを介さなくても細やかな対応ができるのはALL人力対応ならではのメリットです。…が、一番の問題は「メールの不着」。迷惑メールに振り分けられていたり、何らかの都合でメールを確認できなかったりと、トラブルが発生するケースがあるらしいです。(私自身はそういったケースにあまり出くわしていないため、それほど不便には感じませんが)


※おまけ:操られ人形館の場合

元々このブログはWordPressを利用しているため、事前予約にはWordpressのプラグインのメールフォームを利用しています(見た目はこんな感じです)。Wordpressのプラグインは世界中で開発/公開されていますので英語で作成されたものが多いですが、英語が読めない私でもなんとか解読できますので、用途に見合ったプラグインを探し出せるでしょう。


【宣伝】
マジョリティーシリーズ英語版のキックスターターが開始されております。
よろしければご支援のほど、よろしくお願いいたします。

プロモタイトル_抜き取り01s


    


カテゴリ: 外部リンク | 関連タグ: , , , | パーマリンク |

コメントを残す